Skip to main content

ISID 純正テスター

BMWエラー警告のと修理

sample-image003

BMWは、年式が新しくなるほど警告灯の項目が増えており、BMWの電子制御デバイスの特性を把握した上で、BMW専用診断機(ISID)による整備が必須になります。

損傷による警告灯の点灯(修理)

sample-image003

センサー等の損傷が生じると警告灯は点灯します。その場合はエラーコードから損傷部品の交換で迅速かつ適切に修理が行えます。異常信号により警告灯が点灯している場合はエラーコードをキーワードに損傷部位を突き詰めます。

交換時期を知らせる警告灯の点灯

sample-image003

ボードコンピューターで、交換時期になると警告灯が点灯するものがあります。対象項目を交換しても、リセットしないと消灯しないので、クリアおよびリセットして警告灯を消す必要があります。

アフターパーツを装着することによる警告灯の点灯

sample-image003

配線や制御方法を把握した上で、変動した電気の流れをキャンセラーにより擬似的に正常化させることで、警告灯を点灯させないことも出来ます。

車検、点検共にテスター使用によるディフェクトコード読み出しも行います。お客様のお車を、車検を受ける前よりももっと快適に乗っていただくための提案を欠かさず行っていきます。

上記、税金、自賠責保険等は車両装備により変更されることもあります。

一般作業につきましては、ディーラー既定作業時間(1時間×9,000円)が基本工賃となってきます。(ディーラーの約25%OFF)

メンテナンスメニュー一覧